印刷

お知らせ・情報

モダン・ガールの100年 ―20世紀初頭にみる都市と女性の開化

2016/11/09

講師:海野弘(作家・評論家)
『都市の20世紀―映画から百貨店まで』(日本経済新聞社,1992),『フランスのファッション・イラスト―夢みる挿絵の黄金時代』(パイインターナショナル,2012),『世界の美しい本』(パイインターナショナル,2016),他著作多数。
日時:11月9日(水) 16:45-18:45
場所:筑波大学第一エリア1D201GooglrMap版へ
アクセス:
 「筑波キャンパスへの交通アクセス」をご覧ください。
 利用停留所(関東鉄道バス):筑波大学中央行き又は筑波大学循環バス「第一エリア前

概要
<モダン・ガール>が登場して百年がたちました。彼女たちは,モダン都市を舞台に,いきいきとしたライフスタイルをくりひろげます。高層ビル,自動車,観光旅行,映画,ジャズ(ポピュラー音楽)などのモダン都市の中で踊ったモダン・ガールのイメージが今でも魅力的なのはなぜでしょうか。おそらくそこに,私たちの現代世界の青春が映っているからでしょう。<モダン・ガール>を通して,この百年をふりかえり,私たちはどこからきたのか,今どこにいるのか,そしてどこへ行くかを考えたいと思います。(海野弘)

本シンポジウムは「平成28年度教育戦略推進プロジェクト支援事業」(国際的協働による学位プログラム(「現代文化学コース」)の構築と大学院教育のグローバル化に向けた取り組み)の一環として開催されます。

問い合わせ先

中村 筑波大学大学院人文社会科学研究科現代語・現代文化専攻
Mail : dolt420.shrf#@#gmail.com(#@#を 「@」 に置き換えてください)

PDF資料

このページのトップへ