印刷

お知らせ・情報

第2回「無機物質分析概論」の説明会

2017/12/13

筑波大学では教育研究を効率的に推進するため,全学の設備サポート整備を実施しております。
この度,第2回「無機物質分析概論」の説明会を開催することとなりましたので,お知らせ申し上げます。
今後の機器利用の参考にしていただければと思いますので,多くの皆様のご参加をお待ち申し上げます。

【企 画】研究基盤総合センターオープンファシリティー推進室
     研究基盤総合センター分析部門
【日 時】平成29年12月13日(水)10:30-12:00 

【場 所】共同研究棟C 3階 大セミナー室 GoogleMap版へ
アクセス:
 筑波大学筑波キャンパスへは「筑波キャンパスへの交通アクセス」をご覧ください。
 利用停留所(関東鉄道バス):筑波大学中央行き又は筑波大学循環バス「第一エリア前」下車

【講 師】筑波大学 特命教授 大嶋 建一

【対象者】オープンファシリティー推進室に登録されている装置を利用中又は利用予定の学生,大学院生 等

【概 要】
私達が取り扱う材料は様々な機能を有し,外場(温度,圧力,磁場,電場)下で特有な物理的・化学的な性質を発揮します。
その本質を明確にするためには原子,分子レベルでのミクロ構造の解明が必要となり,その強力な手段としては,X線,電子線,中性子線を用いた回折手段が用いられています。さらに,サブミクロンメーター領域での集合体組織を観察するには電子線を試料に照射後に発生するX線分光手段が用いられています。
第1回目では対象を無機結晶に限定し,回折及び分光手法の原理,具体的な実験手法,さらには,X線回折実験結果の例を紹介しました。
今回の第2回では,試料の形態観察をはじめ,元素組成分析,相分布解析などの豊富な情報が得られる手法であるEPMA(電子プローブ・マイクロアナライザー)を用いた実験結果を中心に講義します。

<お問合せ>
筑波大学 研究基盤総合センター オープンファシリティー推進室
Tel:029-853-2486
Email: of-staff#openfacility.sec.tsukuba.ac.jp(#を@に変換してください)

関連リンク

このページのトップへ