印刷

お知らせ・情報

【注意喚起】「出所が不明なソフトウェア」のダウンロードの危険性について

2018/06/28

標記については,本学の「INFOSS情報倫理」でも学習していると思いますが改めて,下記のことについて注意喚起いたします。
出所が不明なソフトウェアには、マルウェアが仕込まれていることがあります。
マルウェアに感染すると,PCの内部の情報や,パスワードなどの情報を盗まれる可能性があります。

また,出所が不明なソフトウェアには,ネットワーク上で,違法にコピーされたものが多く存在し,著作権侵害の問題が発生します。
著作権侵害の問題が発生しないフリーウェアにも,マルウェアが仕込まれている事例が多数あります。

ソフトウェアをダウンロードする場合には,配布元が信用できるところかどうかを見極め,安易にインストールすることは避けてください。
                  記
〇危険性を認識し,「出所が不明なソフトウェア」を安易にダウンロードしない。
〇本人に自覚はなくとも,既にマルウェアに感染していることがあります。
 本学のネットワークに接続する前には必ず,ウイルス対策ソフトがインストールされ,最新版にアップデートされていることを確認し,ウイルススキャンを実施する。

学術情報部情報基盤課
sk.johositu#@#un.tsukuba.ac.jp(#@#を 「@」 に置き換えてください)

このページのトップへ