印刷

お知らせ・情報

松美上池の魚のへい死の原因について(お知らせ)

2019/02/08

昨年11月15日頃に確認された松美上池の魚のへい死は、その後は他の池も含めて発生していません。11月16日と12月3日に水質分析を行っています。その結果を踏まえてへい死の原因について学内外の有識者に確認したところ、次のような結論になりました。

約2週間ほどで水質が自然改善して魚が生存しているため、重金属類等の有害物質の混入はないと考えられる。また寄生虫の感染は確認できず、アオコ等の原因となる植物プランクトンの可能性も低い。へい死した原因としては、有機物を含む排水等が松美上池に流れ込み、それを餌とする従属栄養バクテリア等の増加により酸素欠乏となり、へい死に至ったと思われる。なお有機物を含む排水が松美上池に流れ込んだ原因については不明です。

平成31年2月7日
筑波大学施設部

このページのトップへ