印刷

お知らせ・情報

【注意喚起】「モノなしマルチ商法」に関するトラブルが増加しています

2019/12/13

国民生活センターから、「モノなしマルチ商法」に関する相談が、特に20歳代・20歳未満の学生等で増加している旨、注意を呼び掛けておりますので、周知いたします。

マルチ商法とは、商品・サービスを契約して、次は自分自身がその組織の勧誘者となり、次々に加入者を増やしていく商法ですが、近年、友人やSNSで知り合った人などから、暗号資産(仮想通貨等)、海外事業への投資やアフィリエイト(インターネットを利用した広告宣伝)など、「商品」ではない、いわゆる「モノなしマルチ商法」が増加しております。
これらの事業者は、実態等がよくわからないうえ、契約後に事業者に解約や返金を求めても交渉が難しいというケースが多くみられるとのことです。

学生の皆さんにあっては、「人を紹介すれば報酬を得られる」「月○○万円稼いでいる人もいる」といった甘い言葉はうのみにせず、実態や仕組みが分からない「モノなしマルチ商法」は契約しないようにしましょう!また、友だちや知り合いから勧誘されても、きっぱりと断りましょう!

もし、不安に思った場合やトラブルになってしまった場合には、すぐに最寄りの消費生活センターに相談してください。

つくば市消費生活センター

相談受付: 毎週月~金曜日(祝日を除く)
時  間: 9:00~12:00  13:00~16:00
連 絡 先: 029-861-1333

このページのトップへ