印刷

大学案内

大学概要と基本情報
嘉納治五郎の経歴と功績

略歴

1860 (万延元)年 12月10日(旧暦10月28日)兵庫県御影村(現神戸市灘区御影)に生まれる
1870 (明治3)年 父と上京し,漢学,書,英語を学ぶ
1875 (明治8)年 14歳 官立外国語学校卒業後,官立開成学校入学
1877 (明治10)年 16歳 東京大学文学部に編入
柔術を学び始める
1881 (明治14)年 20歳 東京大学文学部政治学及び理財学を卒業し,道義学及び審美学の選科入学(翌年卒業)
1882 (明治15)年 21歳 講道館柔道を創立(稲荷町永昌寺)
1891 (明治24)年 30歳 結婚する
1893 (明治26)年 32歳 高等師範学校長就任(第1期/1897年まで)
1894 (明治27)年 高等師範学校にて大運動会を開催し,全学生,教職員が参加
高等師範学校の目的に,教員の養成に加えて,学校長の養成を加える
修学年限を3年から4年に引き上げる
1895 (明治28)年 高師寄宿舎の軍隊的組織を廃止
1896 (明治29)年 学生スポーツ奨励のため「運動会」を設置
清国留学生の教育を私塾にて引き受け始める
1897 (明治30)年 36歳 再度高等師範学校長就任(第2期/1898年まで)
1898 (明治31)年 37歳 文部省普通学務局長に就任し,全国各府県一校以上の高等女学校の設置を進める
全学生参加の健脚競走(長距離走)行う
1901 (明治33)年 三度目の高等師範学校長就任(第3期/1920年まで)
「運動会」を解消して「校友会」を設置し,体育系・文科系の課外活動を奨励
1905 (明治38)年 館山での2週間の水泳実習を予科生(新入生)全員参加とする
1907 (明治40)年 外国人特別入学規程細則を定める
清国よりの留学生急増する
東京高等師範学校において孔子祭典を復活させる
1908 (明治41)年 柔道・剣道を全学必修選択とする
春・秋の長距離走大会,全学生参加とする
1909 (明治42)年 48歳 アジア初のIOC委員に就任(終身)
1911 (明治44)年 50歳 大日本体育協会を設立し初代会長に就任(1921年まで)
1912 (大正元)年 51歳 第5回オリンピック,ストックホルム大会に団長として参加
1915 (大正4)年 東京高等師範学校に修学年限4年の体育科を設置
1918 (大正7)年 東京高等師範学校の大学への昇格運動本格化する
1919 (大正8)年 大学昇格運動の中で,宣揚歌が作られ,嘉納校長の前で歌われる
1920 (大正9)年 59歳 東京高等師範学校退任,嘉納校長就任時の学生数86名が,この年には724名になる
第7回オリンピック・アントワープ大会臨席
1922 (大正11)年 61歳 講道館文化会創立,「精力善用・自他共栄」の立言
大学への昇格案議会通過し決定(関東大震災のため開学は1929年)
1929 (昭和4)年 第10回オリンピック・ロサンゼルス大会に臨席
1932 (昭和7)年 71歳 IOC総会の席上,永田東京市長の招待文朗読,演説
第11回オリンピック・ベルリン大会臨席,IOC総会にて東京開催(1940)を決定
1936 (昭和11)年 75歳 カイロでのIOC総会にて,第12回大会を東京,冬季大会を札幌にて開催することを確認
1938 (昭和13)年 77歳 ギリシャ,アメリカを経てバンクーバーから帰国途上の船中において,肺炎のため逝去(5月4日 77歳)

このページのトップへ