印刷

大学案内

組織・機構
研究組織

研究関連センター
研究戦略イニシアティブ推進機構
世界最高水準の拠点形成と新たな研究領域の開拓を通じ,国際的かつ多様なフィールドで活躍できる人材の育成と高度な学術的成果の持続的創出の促進を目的とする組織です。
同機構では,新たな学術研究分野を切り拓く教育研究組織へと発展させるべき研究拠点を「研究イニシアティブ」と位置付け,戦略的・重点的な支援を実施します。
リサーチユニット/リサーチグループ
リサーチユニット:部局の枠を超えた横断的かつ多様な学問領域の研究者群の組織化を推進するとともに、当該学問分野をリードする中核研究拠点化やセンターとしての機能形成を目的として、「リサーチユニット認定制度」を実施しています。
リサーチグループ:比較的小規模な研究グループの可視化を推進するため、研究者群を登録・発信する仕組みとして、「リサーチグループ登録制度」を実施しています。
最先端研究開発支援プログラム
最先端研究開発支援プログラム(FIRST:Funding Program for World-Leading Innovative R&D on Science and Technology)は,我が国の研究開発力の強化及び産業,安全保障等の分野における国際競争力の強化を支援するとともに,研究開発成果を国民及び社会へ還元することを目的としたプログラムです。このプログラムの最大の特色は「研究者最優先の研究開発」という考え方であり,研究者が研究に専念できる徹底したサポート体制,多年度にわたる研究資金の柔軟な使用を可能としています。本学では,山海嘉之教授(サイバニクス研究コア,システム情報工学研究科)と柳沢正史教授(分子行動科学研究コア)の2件のプログラムの支援を行っています。
国際統合睡眠医科学研究機構
文部科学省の「世界トップレベル研究拠点プログラム(WPI)の平成24年度公募において,筑波大学の提案が採択されたことを受け,2012(平成24)年12月1日付けで,「国際統合睡眠医科学研究機構」(機構長:柳沢正史 分子行動科学研究コア教授)を設置しました。
グローバルCOEプログラム
平成14年度から文部科学省において開始された「21世紀COEプログラム」の評価・検証を踏まえ,その基本的な考え方を継承しつつ,我が国の大学院の教育研究機能を一層充実・強化し,世界最高水準の研究基盤の下で世界をリードする創造的な人材育成を図るため,国際的に卓越した教育研究拠点の形成を重点的に支援し,もって,国際競争力のある大学づくりを推進することを目的とする事業です。本学では「サイバニクス:人・機械・情報系の融合複合」が採択されていました。

このページのトップへ