印刷

お知らせ・情報

レモン、キウイ、パンケーキ? 原子核の形を回して見る〜未知同位体の計算核データ「さわれる核図表」を公開〜

2019/01/09

筑波大学 計算科学研究センター 中務孝教授らの研究グループは、数千種におよぶ原子核に対して大型数値シミュレーションを実行し、核変換における新しい核変換経路を見出す基礎となる計算核データを整備しました。

これは、原子核の構造・反応を汎用的かつ普遍的に記述することができる密度汎関数理論を用いた数値シミュレーションにより、数千核種における基底状態の構造データ、数百核種における励起状態・光反応断面積の情報を取得し、理論計算核データとして整理したもので、ウェブサイト「InPACS」(Interactive Plot of Atomic nuclei & Computed Shapes)で公開し、データのダウンロードなど専門家のニーズに応えるだけでなく、一般向けに作成した「さわれる核図表」から、個々の原子核の形状や密度分布などを分かりやすく提示しました。


図 ウェブサイト InPACS に公開したデータの一つ、カタチの核図表。図中の色は形の違いを表している。核図表の特定の原子核をクリックすると、その原子核の形が右下に表示され、陽子数、中性子数などが左上に表示される。原子核の形はマウスで自由に回してみることができる。

関連リンク

PDF資料

このページのトップへ