印刷

お知らせ・情報

短寿命原子核の高精度質量測定法MRTOFを開発~数ミリ秒の飛行で数百万分の一の高精度を高効率で実現~

2013/07/17

理化学研究所仁科加速器研究センター 低速RIビーム生成装置開発チームの和田道治チームリーダー、筑波大学数理物質系のピーター・シュリー講師(本研究実施当時、理化学研究所協力研究員)らの共同研究グループは、短寿命原子核の質量を測定できる多重反射型飛行時間測定式質量測定器(MRTOF)を開発し、 高エネルギー短寿命イオン(8Li)の質量をわずか8ミリ秒の飛行時間によって150万分の1の高精度で測定できることを確認しました。

130717

MRTOF飛行部

 

PDF資料

このページのトップへ