印刷

お知らせ・情報

ケイ素ラジカル二次電池の技術開発に成功~希少金属を使うことなく、高速充放電と高いサイクル特性を達成~

2013/12/19

筑波大学 数理物質系の関口 章 教授を中心とする研究グループは、 株式会社豊田中央研究所と共同で、 世界で初めて、ケイ素ラジカルを二次電池の負極活物質として利用した蓄電デバイスの技術開発に成功し、安定な高周期典型元素ラジカルが電極活物質として有望であることを発見しました。

131218

ケイ素ラジカルの可逆的酸化還元反応(上)とケイ素ラジカルを負極活物質に用いた電池を使用しているところ(下)

PDF資料

このページのトップへ