印刷

お知らせ・情報

子どもに遺伝するミトコンドリア病の発症を予防できる技術をマウスで実証

2014/02/04

筑波大学 生命環境系の林純一教授の研究グループはミトコンドリア病を発症している母親の未受精卵の中から、突然変異をもつミトコンドリアDNA(mtDNA)の割合が低いものを選択するだけで、生まれてくる子どもの病態発症が予防できることを、突然変異をもつmtDNAを導入したマウスにおいて明らかにしました。

林氏-1

林 純一 教授

PDF資料

このページのトップへ