印刷

お知らせ・情報

多層的ゲノミクス解析により胃癌に特異的な遺伝子調節の変化を発見 ~微量臨床検体のゲノム・エピゲノム統合解析法を開発~

2014/07/10

筑波大学医学医療系の村谷匡史准教授らは「クロマチン免疫沈降法」を用いた、微量な臨床組織検体のゲノム・エピゲノム統合解析法を開発しました。また、この技術を胃癌の組織検体解析に応用し、「クリプティック遺伝子プロモーター」と呼ばれるゲノムの領域が、異常な遺伝子の活性化を引き起こすことを見出しました。

140712-2

図  クリプティック遺伝子プロモーターによる遺伝子の再活性化

通常は胎児期などの発生初期に活性化されるべき遺伝子が、大人の胃癌の組織において不必要に再活性化されていることが発見されました。

 

PDF資料

このページのトップへ