印刷

お知らせ・情報

太陽電池デバイスの電荷生成効率決定法を確立 ~光電エネルギー変換機構の解明と太陽電池材料のスクリーニングの有効なツール~

2014/08/20

筑波大学 数理物質系 守友 浩教授および独立行政法人物質・材料研究機構 太陽光発電材料ユニット 安田 剛主任研究員らの研究グループは、超高速分光と電気化学ドーピングを組み合わせることにより、有機薄膜太陽電池の電荷生成効率の絶対値を決定する方法を確立しました。この方法により、高効率な太陽電池材料のスクリーニングが可能になるとともに、有機系太陽電池のエネルギー変換プロセスが明らかになると期待されます。

 

140808-2

図 有機薄膜太陽電池デバイスの光電エネルギー変換プロセス

グレー部分は集電極、ピンクはp型有機半導体、黄色はn型有機半導体である。励起子がp型有機半導体/n型有機半導体界面で電子と正孔に分離し、電子はn型有機半導体を、正孔はp型有機半導体を移動し、集電極で回収される。

PDF資料

このページのトップへ