印刷

お知らせ・情報

ヘテロ型有機太陽電池のヘテロ界面における電荷ダイナミクスを観測 ~新しい高効率太陽電池のメカニズム解明へ~

2015/03/24

筑波大学 数理物質系 守友 浩教授および独立行政法人物質・材料研究機構 太陽光発電材料ユニット 安田 剛主任研究員らの研究グループは、典型的な両極性分子であるSubPcを用いた二種類のヘテロ型有機太陽電池デバイスを作成し、超高速分光でヘテロ界面における電荷注入を初めて観測しました。この方法は、ヘテロ接合界面における電荷移動を感度良く観測することができます。

 

150320-2

図: (a)電子注入型デバイスのSubPc信号強度の時間変化。(a)正孔注入型デバイスのSubPc+信号強度の時間変化。実線は指数関数での最小二乗フィット。

PDF資料

このページのトップへ