印刷

お知らせ・情報

体重が減らなくても運動で肝脂肪が減る~中高強度の身体活動量は非アルコール性脂肪性肝疾患の肝病態を体重減少とは独立に改善させる

2015/04/03

筑波大学(以下筑波大学) 医学医療系 正田純一教授らの研究グループは、中年肥満男性を対象に実施された減量介入試験の成績に関して解析(後ろ向き解析)を行い、運動が非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)の肝病態に与える影響を、その強度と量の観点より詳細に検討しました。

解析結果より、身体活動量を増やすほど、NAFLD肥満者の身体組成、肝脂肪蓄積、糖脂質代謝、アディポカイン不均衡、炎症・酸化ストレス状態に対する優れた改善効果が確認されました。特記すべき重要なポイントは、250分/週以上の中高強度の身体活動(MVPA)の実践は、週150分未満、週150分以上250分未満の実践に比べると、体重減少とは独立して、善玉コレステロール(HDL-cholesterol)と抗炎症性アディポカイン(adiponectin)の増加、肝臓の貯蔵鉄(ferritin)と過酸化脂質(TBARS)の減少を導きました。すなわち、酸化ストレス状態や炎症病態を改善する効果が認められました。また、末梢単核球の解析より、250分/週以上のMVPAの実践が脂肪酸代謝を制御し、肥満者の肝臓における脂肪蓄積を抑える効果があるものと推測されました。

 

150403-1

PDF資料

このページのトップへ