印刷

お知らせ・情報

哺乳類の成体の心臓において増殖する心筋細胞を同定 ~心筋梗塞の治療法に新たな可能性~

2015/06/23

筑波大学生命領域学際研究センターの木村航助教(テキサス大学滞在中)は、マウスを用いた研究において、細胞の発生系譜を追跡する手法を工夫することにより、成体の心臓において増殖能を保ち新たな心筋をつくる心筋細胞を同定することに成功しました。さらに、増殖能を保っているこれらの心筋は比較的低酸素な環境におかれ、低酸素応答シグナルを活性化していることを発見しました。

これらの発見は、心筋梗塞などにより障害を受けた心筋を回復させる新たな治療法の開発につながる知見を提供するものです。

150622-1

図 CreERT2-ODDトランスジェニックマウスによる低酸素心筋の細胞系譜追跡により、成体の心臓において心筋のターンオーバーに寄与する心筋を同定した。

PDF資料

このページのトップへ