印刷

お知らせ・情報

藻類のもつ微結晶が光を有効利用する原理解明にせまる ~磁場で微結晶の向きを揃える新技術で光反射特性を明らかに~

2015/09/01

筑波大学生命環境系 白岩善博教授は、広島大学ナノデバイス・バイオ融合科学研究所 岩坂正和教授らとの共同研究により、藻類の細胞外被・外殻結晶の向きを磁場で遠隔操作する手法を開発し、円石藻のつくる炭酸カルシウムの円盤状の微結晶(円石)が光を効率的に反射する方向を特定することに成功しました。

この微結晶の光学特性と生物学的な意義との関係が解明できれば、藻類バイオエネルギー産生の効率化につながる可能性もあります。さらには、これら微結晶をマイクロ光学材料としてバイオセンサー等へ活用できる可能性もあります。

 

150901-2

図 円石藻Emiliania huxleyi から遊離した円石の磁場配向 (左図)磁場印加なしでは円盤状の円石が多いが、400mT磁場では磁力線(左下写真の左右方向)に対し円盤の半径方向(radial方向)が垂直となる円石が増加した。(右図)円石集団の配向角度分布を示し、磁力線に垂直な磁場配向が生じていることを示す。

 

PDF資料

このページのトップへ