印刷

お知らせ・情報

夢のスイッチが明らかにする夢を見る理由 ~レム睡眠の意義を初めて科学的に証明~

2015/10/23

夢を生み出すレム睡眠は、その役割が脳科学の最大の謎の一つでした。筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構(WPI-IIIS) 林悠助教らと理化学研究所脳科学総合研究センター 糸原重美チームリーダーらの共同研究グループは、レム睡眠とノンレム睡眠の切り替えを司る脳部位を発見し、レム睡眠を操作できるトランスジェニックマウスを開発しました。その結果レム睡眠には、デルタ波と呼ばれる脳回路の再編成に重要な神経活動を、ノンレム睡眠中に誘発する役割があることが判明しました。この作用を介して、レム睡眠が脳の発達や学習に貢献する可能性が明らかとなりました。

151023-1

図 本研究成果の概念図。哺乳類・鳥類に固有の記憶学習・脳発達のメカニズムとして、レム睡眠によるデルタ波の誘導という現象が明らかとなりました。

関連リンク

PDF資料

このページのトップへ