印刷

お知らせ・情報

「お化け」遺伝子を呼び出す「こっくりさん」タンパク質の発見 ~昆虫のステロイドホルモン生合成に関わる新知見~

2015/12/11

筑波大学生命環境系の丹羽隆介准教授、同生命領域学際研究センターの深水昭吉教授と廣田恵子助教、島田裕子研究員、同生命環境科学研究科の大学院生の小村(加和)達也と山内理恵子、国立研究開発法人農業生物資源研究所の篠田徹郎ユニット長らは、キイロショウジョウバエを用いて、昆虫の発育に必要なステロイドホルモンの生合成に重要な役割を担う新規タンパク質「Ouija board(ウィジャボード)」を発見しました。

本研究では、ウィジャボードが、昆虫ステロイドホルモン(脱皮ホルモン)の生合成に必要な酵素遺伝子の発現を調節することを明らかにしました。興味深いことに、ウィジャボードは、様々な生合成酵素遺伝子のうち、たった1つの遺伝子の発現のみ調節することがわかりました。また、ウィジャボードは、ハエ科昆虫にしか存在しません。以上の結果から、キイロショウジョウバエはたった1つの酵素遺伝子のためだけに特別な調節メカニズムを持っていることが強く示唆されました。今回の成果は、動物のステロイドホルモン生合成メカニズムとその進化について新知見をもたらすと共に、昆虫にのみ作用するような「環境にやさしい農薬」の開発にも新たな考え方を与えると期待されます。

 

151211-1

図 「ウィジャボード」によって転写されるキイロショウジョウバエの脱皮ホルモン生合成酵素スプーキア

PDF資料

このページのトップへ