印刷

お知らせ・情報

タンパク質のラセン発光を観測

2016/06/09

筑波大学数理物質系後藤博正准教授、生命環境系野村暢彦教授、澤田勇生研究員の研究グループは、は緑色発光タンパク質GFPから、らせん状に偏光面が回転する現象を確認しました。

GFPはマーカーとして生命科学の分野で幅広く用いられていますが、GFPから放たれる光そのものの性質については研究が進んでいませんでした。本研究では、GFPの円偏光発光二色性を測定し、円偏光蛍光が発光されていることを見出しました。また、GFPをPVAに練込み、天然高分子発光体/合成高分子複合フィルムを作成し、このフィルムが長期発光可能なことを確認しました。

160609-1

図 GFP/PVA錬り込み薄膜が、円偏光を放ちながら緑色に光る様子。

PDF資料

このページのトップへ