印刷

お知らせ・情報

活性と抑制が記憶を形成する ~小脳の神経細胞の分化と機能に関与する新規メカニズム~

2016/07/15

筑波大学 医学医療系 山田朋子助教らの研究グループは、学習や記憶の形成に関与する遺伝子群の活性化とその抑制に関する新規メカニズムを明らかにしました。

本研究グループは、神経細胞において、誘導されたIEGの発現抑制にはクロマチンリモデリング因子の一つであるNuRD complexが必要であり、この発現抑制が小脳の神経細胞の分化と機能に重要な役割を果たすことを明らかにしました。またマウスを用いた行動実験を通じて、この抑制が小脳における神経ネットワークの構築に関与することを示唆しました。これは、生物における学習や記憶のメカニズムを細胞レベルから理解する上で重要な知見であると考えられます。

 

160715-1

図 NuRD complexによるヌクレオソーム変化が、活性化された遺伝子の効率的な不活性化を引き起こす。そしてこの不活性化が、神経細胞の分化と神経ネットワークへの取り込みに重要な役割を果たしている。

PDF資料

このページのトップへ