印刷

お知らせ・情報

内臓脂肪体積を非侵襲的に推定・評価可能なシステムを開発 ~家庭用体組成計に初めて搭載へ~

2016/11/16

国立大学法人筑波大学体育系田中喜代次教授・辻本健彦特任助教の研究グループは,エレコム株式会社および株式会社THF(筑波大学発研究成果活用企業)との共同研究により,「内臓脂肪体積」を内臓脂肪レベルの基準とした新たな評価システムを開発しました。

従来より,内臓脂肪レベルを推定・表示できる家庭用体組成計は存在していましたが,いずれもへそ位置での内臓脂肪面積を基準とするものでした。最近の研究により,内臓脂肪蓄積の程度を評価するには1枚の画像では不十分とする報告がなされていることから,本研究グループでは,最大24枚の連続した腹部MRI画像から内臓脂肪体積を算出し,それを非侵襲的な方法で推定できるシステムを開発しました。

さらに,体脂肪率や骨格筋率などを,骨密度などの体組成を評価する上で精度が高いと言われる二重エネルギーX線吸収法を用いて評価し,それらの値を基準とした新たな推定式を作成しました。

なお,本研究成果を搭載した新家庭用体組成計が,エレコム株式会社から「HELLOTM」として2016年11月16日に発表されます。

 

161116-1

図 MRI撮影の概念図

関連リンク

PDF資料

このページのトップへ