印刷

お知らせ・情報

アルペンスキー競技ダウンヒルにおいてレーサーが受ける空気抵抗は下腿部が最大 ~身体部位ごとの空力特性を初めて解明~

2017/01/06

201701061400
Image by Mitch Gunn/Shutterstock

筑波大学体育系 浅井武教授,洪性賛助教,及びエクサ・ジャパン株式会社の伊集院浩一技術ディレクターとの研究グループは、筑波大学スポーツ流体工学実験棟の低速低乱風洞実験装置(San Technologies社製)と筑波大学情報メディアセンタークラスタサーバーの数値流体解析システムを用い,アルペンスキー競技ダウンヒルのレーサーに対する空力特性を検討しました.その結果,クラウチング姿勢におけるレーサー身体各部位の空気抵抗(抗力)の大きさは,下腿部(~50%),上腕部(~15%),頭部(~12%),大腿部(含む臀部)(~9%)の順になることが明らかになりました.また,本研究で用いた風洞実験と数値流体解析を連携させた計測と可視化システムを用いることにより,ダウンヒルレーサーやダウンヒルスーツの空気抵抗や気流の渦構造が予測可能になりました.

170106-1

図 流速40 m/s時におけるダウンヒルレーサーモデル周りの渦度による渦構造表示.後方から見て赤色は反時計回りの渦,青色は時計回りの渦を示す.

PDF資料

このページのトップへ