印刷

お知らせ・情報

精子幹細胞の分化と自己複製を両立する新たなメカニズムの発見 〜幹細胞は分化シグナルからどのように守られるのか〜

2017/02/10

長期間にわたって多くの精子を作ることは、私たちが子孫を残して命を伝えるための重要な営みで、大もととなる「精子幹細胞」の働きによって支えられています。基礎生物学研究所の徳江萌研究員、吉田松生教授らと、筑波大学、横浜市立大学などの研究グループは、マウス精子幹細胞の分化を促すシグナル分子を明らかにし、さらに、一部の幹細胞でこのシグナル分子の作用を弱めることで幹細胞を残すという新たなメカニズムを発見しました。

図 マウスの精子幹細胞が分化から守られるメカニズム

幹細胞のうちShisa6を発現していない細胞はWntシグナルを強く受けて分化細胞になり、Shisa6を発現しているものはWntシグナルから守られるので分化しない。

 

PDF資料

このページのトップへ