印刷

お知らせ・情報

干ばつに強いイネの実証栽培に成功 〜将来の人口増加による食料不足の解決に向けた一歩〜

2017/04/04

理化学研究所環境資源科学研究センター機能開発研究グループの篠崎一雄グループディレクター、国際農林水産業研究センターの中島一雄プログラムディレクター、国際熱帯農業センターの石谷学グループリーダー、筑波大学の草野都教授らの国際共同研究グループは、シロイヌナズナのガラクチノール合成酵素遺伝子(AtGolS2)を現在普及している品種のイネに導入し、干ばつ耐性が向上した遺伝子組換えイネを開発しました。

図 イネの原種品とシロイヌナズナのAtGolS2遺伝子導入を導入した系統の比較

 

 

 

PDF資料

このページのトップへ