印刷

お知らせ・情報

フェライト史上、最高の保磁力を実現

2017/09/14

東京大学大学院理学系研究科の大越慎一教授と筑波大学数理物質系の所裕子准教授らの共同研究グループは、室温(27℃)で35キロエルステッド(kOe)というフェライト史上、最高の保磁力を観測しました。また、従来のハードフェライト磁石(バリウムフェライトなど)は、−40 °C以下で保磁力が低下する低温減磁という課題がありますが、本研究のフェライト磁性体は、−73 °Cの低温でも更に大きな45 kOeという保磁力を示すことが分かりました。本成果は、ロジウム置換型イプシロン酸化鉄を結晶学的に高度に配向することによって実現したものです。また、今回の結晶配向した磁性体の作製に際しては、磁気テープで用いられている樹脂に磁性ナノ粒子を分散しているため、磁気記録用フィルムとしての応用も期待されます。

図 ロジウム置換型イプシロン酸化鉄(R型イプシロン酸化鉄)の結晶構造(上図)と、結晶配向体の模式図(下図)。結晶構造中の水色、紫色、赤色、緑色の大きい球はそれぞれAサイトの鉄、Bサイトの鉄、Cサイトの鉄またはロジウム、Dサイトの鉄を示す。結晶配向体の模式図の球は、R型イプシロン酸化鉄ナノ微粒子を表しており、磁極の方向が、一方向に揃えられている。

 

PDF資料

このページのトップへ