印刷

お知らせ・情報

過剰な恐怖を和らげるしくみ ~オレキシンによる新たな恐怖調節経路を発見、PTSD治療に光明~

2017/11/20

筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構(WPI-IIIS)の征矢晋吾助教、櫻井武教授らの研究グループは、金沢大学、理化学研究所脳科学総合研究センター、ルール大学ボーフム、新潟大学の共同研究により、睡眠覚醒を制御する脳内物質オレキシンが、心的外傷後ストレス障害(PTSD)などで見られる「汎化」と呼ばれる現象においても重要な役割を果たしていることを発見しました。オレキシンは、脳幹の青斑核という部分に存在する神経細胞群に働きかけ、恐怖を感じるレベルを制御していることが明らかになりました。この作用は、オレキシンがその受容体に結合することによるものでした。オレキシンの新たな機能が明らかになったという点でも、本研究成果はきわめて画期的です。

図 神経回路の操作による恐怖行動の減弱

関連リンク

PDF資料

このページのトップへ