筑波大学|お知らせ・情報|注目の研究|カビが伸びて成長する仕組みを超解像顕微鏡で解明

印刷

お知らせ・情報

カビが伸びて成長する仕組みを超解像顕微鏡で解明

2018/01/25

筑波大学 生命環境系 国際テニュアトラック助教 竹下典男らの研究グループは、カビが伸びる仕組みを、超解像顕微鏡イメージング技術を用いて解明しました。

カビは、菌糸と呼ばれる管状の細胞を伸ばして成長します。菌糸は細胞壁に囲まれた細胞からなり、菌糸が先端を伸ばす際、先端の細胞壁を新たに合成する必要があります。本研究では、細胞壁を合成する酵素に着目し、菌糸が伸びるダイナミックな様子を超解像レベル(従来の約10倍の解像度; 30ナノメートル)で可視化しました。幅が約2マイクロメートルの菌糸の先端では、約100ナノメートルの限られた部位に細胞壁合成酵素が一時的に集中して局在し、その領域付近で部分的に細胞が伸長しました。そして、そのような酵素が集中し細胞が伸長する微小部位の位置が少しずつ変化することで、細胞が徐々に伸びていることを発見しました。

 

 

PDF資料

このページのトップへ