印刷

お知らせ・情報

ゴールキーパーのシュートストップ能力を客観的に評価する ~サッカーにおける新たなゴールキーパー評価指標を開発~

2018/04/19

筑波大学体育系 平嶋裕輔特任助教(投稿時は大学院生)、中山雅雄准教授、浅井武教授らの研究グループは、ゲームパフォーマンス分析手法を用い、サッカーにおけるシュートストップの難易度を定量化する「シュートストップ失敗確率予測回帰式」の検証を行いました。

本研究では、2014FIFAワールドカップブラジル大会全64試合における、被枠内シュート587本のデータを標本とし、「シュートストップ失敗確率予測回帰式」について、算出される失敗確率の測定者間信頼性、および回帰式の外的妥当性を検証し、一般化の可能性を明らかにすることを目的としました。その結果、シュートストップ失敗確率予測回帰式によって算出された失敗確率の測定者間信頼性の高さと、外的妥当性の高さが認められました。これらの結果から、「シュートストップ失敗確率予測回帰式」は、世界トップレベルのゴールキーパーのシュートストップ能力を基準として、シュートストップ失敗確率を予測する上で一般化可能な、有用な評価式であると考えられます。

 

図 シュートストップ失敗確率予測回帰式を用いた評価と現場での活用方法
シュートストップ失敗確率を期待値に置き換え、積算することにより予測失点が算出される。実失点を予測失点で除することにより、予測された失点をどの程度減少させたか評価することが可能になり、先発選手の選択や選手の獲得等、現場に有用な評価指標となることが期待される。

PDF資料

このページのトップへ