筑波大学|お知らせ・情報|注目の研究|運動三日坊主に朗報? ~身体活動性を高めるフルスルチアミン(ビタミン B1 誘導体)の中枢刺激効果を確認~

印刷

お知らせ・情報

運動三日坊主に朗報? ~身体活動性を高めるフルスルチアミン(ビタミン B1 誘導体)の中枢刺激効果を確認~

2018/07/13

筑波大学体育系ヒューマン・ハイ・パフォーマンス先端研究センター 征矢英昭センター長・教 授、才記壮人(大学院生)、松井崇助教、征矢茉莉子研究員らは、武田コンシューマーヘルスケア株式会社と の共同研究により、フルスルチアミン(ビタミンB1誘導体)には自発的な身体活動性を高める作用があることを新 たに明らかにしました。

本研究では、ラットの自発行動量を測定しながら前頭葉とりわけ前頭前皮質の神経伝達物質を生体下で定 量できるマイクロダイアリシス法を用いることで、フルスルチアミンの単回腹腔内投与により、意欲を司る前頭前 皮質におけるドーパミン放出が増加し、ドーパミン D1 受容体を介して自発行動量を高めることを明らかにしまし た。

図 フルスルチアミンのラットへの単回腹腔内投与は、前頭前皮質のドーパミン放出を高め、ドーパミン D1 受容体を 介して自発行動量を増加させる

PDF資料

このページのトップへ