筑波大学|お知らせ・情報|注目の研究|大動脈瘤形成に関与するメカノトランスダクション機構を解明 〜新しい治療標的分子の特定〜

印刷

お知らせ・情報

大動脈瘤形成に関与するメカノトランスダクション機構を解明 〜新しい治療標的分子の特定〜

2018/08/10

筑波大学生存ダイナミクス研究センター(TARA)の柳沢裕美教授、山城義人助教、医学医療系心臓血管外科学・平松祐司教授、関西医科大学薬理学講座・中邨智之教授らの研究グループは、マトリセルラータンパク質トロンボスポンジン1 (Thbs1)の抑制が大動脈瘤発症の抑止に効果的であることを明らかにしました。

研究グループはまず、上行大動脈瘤マウスモデルを用いて、大動脈瘤発症の初期にThbs1が発現亢進していることを見出しました。血管平滑筋細胞において、周期的な伸展刺激やアンギオテンシンIIによってThbs1の発現が誘導されること、またこの発現誘導はメカニカルストレス応答転写因子Early growth response 1(Egr1)を介していることを明らかにしました。さらに、Thbs1の抑制が大動脈瘤発症の抑止に効果的であること、Thbs1が胸部大動脈瘤患者の血管壁においても発現上昇していることを明らかにしました。この発見は、血管壁のメカニカルストレスに応答するシグナル伝達経路を特定した点で画期的であり、大動脈瘤発症の新たな分子メカニズムと、Thbs1を標的とした新しい治療法開発へと繋がる知見を提供するものです。

関連リンク

PDF資料

このページのトップへ