印刷

お知らせ・情報

草原植物が⽀える共⽣微⽣物の驚くべき多様性 ―草原⽣態系は微⽣物資源の「銀⾏」―

2019/02/20

筑波大学生命環境系/山岳科学センター 田中健太 准教授は、京都大学、森林総合研究所との共同研究により、植物の種多様性が極めて高い長野県菅平高原において137種の植物を網羅的に調査し、その葉や根に膨大な種類の細菌(バクテリア)と真菌(かび・きのこ・酵母類)が共生していることを見出しました。

本研究では、植物の葉や根に共生する微生物の集まり(微生物叢)を網羅的に分析するため、「DNAメタバーコーディング」という手法を適用しました。その結果、日本列島でわずかな面積しか残されていない草原生態系に無数の微生物が息づき、人類社会存続の要とも言える創薬や持続可能型農林業への応用が期待される微生物が数多く含まれることが判明しました。137種の植物種ごとに示された微生物叢のデータは、それぞれの植物種を保全する意義の客観的評価につながると期待されます。本研究成果は、2019年2月20日付で国際学術誌「Frontiers in Microbiology」にオンライン掲載されました。

(図:菅平高原の草原生態系とその植物共生微生物叢の一部)

PDF資料

このページのトップへ