印刷

お知らせ・情報

気候変動による影響の連鎖の可視化に成功—地球温暖化問題の全体像を人々が理解することに貢献—

2019/02/28

筑波大学 体育系 本田靖教授は、国立環境研究所他との共同研究により、気候変動の影響に関する文献の網羅的な調査を行い、得られたデータを理解可能な図として表現することで、気候変動が及ぼす影響の連鎖を可視化をすることに成功し、論文として発表しました。

地球温暖化は人間社会や自然環境に様々な問題を引き起こし、ある問題が別の問題を引き起こすというように、「影響の連鎖」が生じます。影響連鎖の図を分析することにより、気候変動が自然環境、社会経済、人間生活に与える影響の大きな構造が明らかになりました。本研究によって、研究者だけでなく多くの人々が、気候変動によって生じる様々な影響のつながりを理解し、地球温暖化問題の全体像を理解することに役立ちます。

(食料分野における気候変動影響の連鎖)

PDF資料

このページのトップへ