印刷

お知らせ・情報

海洋の熱波による生物多様性の損失

2019/03/11

筑波大学 下田臨海実験センター ベンジャミン ハーベイ助教は、7カ国18組織が参加する国際共同研究により、複数の熱波の影響を同一手法で評価し、その影響を定量化することで、海洋における熱波が海の生態系に甚大な影響を及ぼすことを明らかにしました。また、太平洋、大西洋、インド洋は特に熱波に脆弱であることが明らかになりました。気候変動がこのまま進行し続けると、海洋生態系の激変が生じ、生態系サービスの低下が生じることが予想されます。

1925~1954年と比較した際の1987~2016年における年間の熱波の発生日数の増加
カラーバーは1987-2016年における熱波発生の増加日数を示し、濃い赤色ほど増加日数が多いことを示す。

PDF資料

このページのトップへ