印刷

お知らせ・情報

ダイヤモンドの単一NVセンタの光電流検出に成功 ~室温でナノ空間分解能を持つ量子センサへの応用に期待~

2019/03/22

国立研究開発法人物質・材料研究機構(NIMS)と筑波大学は、独・ウルム大学などと共同で、ダイヤモンド結晶中の電子スピンの状態を、光電流検出という電気的な手法で読み出すことに成功しました。従来の手法に比べて単一のスピン状態を室温で容易に検出でき、ナノ空間分解能をもつ磁気センサなど量子センシングデバイスへの応用が期待されます。

PDF資料

このページのトップへ