印刷

お知らせ・情報

選択肢の価値比較は眼窩前頭皮質で行われる ~より良い選択肢を選ぶための脳内機序を解明~

2019/04/05

筑波大学 医学医療系 設楽宗孝教授・瀬戸川剛助教らの研究グループは、産業技術総合研究所、米国NIHと共同で、脳の前頭前野の腹側表面に位置する眼窩前頭皮質において、その個体にとって「どちらの選択肢がより価値が高いか」、という選択行動にかかわる処理が行われていることを神経細胞のレベルで明らかにしました。

本研究グループは、報酬価値に基づく行動選択を行わせる認知課題を、ヒトに近縁なアカゲザルに訓練し、課題遂行中の眼窩前頭皮質の神経細胞の活動を、単一神経細胞活動記録法を用いて記録しました。その結果、眼窩前頭皮質の神経細胞の活動は、提示された2つの選択肢の主観的な価値の差分と相関を示す、つまり価値の比較を行っている可能性があることがわかりました。

図 行動課題

PDF資料

このページのトップへ