印刷

お知らせ・情報

むかわ竜を新属新種の恐竜として 「カムイサウルス・ジャポニクス(Kamuysaurus japonicus)」と命名 〜ハドロサウルス科の起源を示唆〜

2019/09/06

北海道大学総合博物館の小林快次教授を中心とする研究グループ(北海道大学,むかわ町穂別博物館,岡山理科大学,米国ペロー自然科学博物館,筑波大学,モンゴル古生物学地学研究所,東京学芸大学の共同研究)は,北海道むかわ町穂別で発見された国内最大の恐竜全身骨格である,通称「むかわ竜」が比較研究と系統解析の結果,新属新種の恐竜であることを明らかにし,「カムイサウルス・ジャポニクス」という学名を命名しました。この学名の意味は,「日本の竜の神(日本の神トカゲ)」です。

図 海岸に棲むカムイサウルスの復元画

PDF資料

このページのトップへ