印刷

お知らせ・情報

一枚の景観写真から時間経過のアニメーションを自動生成できる AI 技術を開発 ~高解像度かつ長尺のタイムラプス動画を実現~

2019/11/05

筑波大学 システム情報系 遠藤結城助教、金森由博准教授、国立大学法人 豊橋技術科学大学 情報・知能工学系 栗山繁教授らのグループは、時間経過の様子を記録した大量の定点観測動画 (タイムラプス動画) を学習データとして、一枚の景観画像から、時間が経過していく様子の高品質な動画を自動生成できる人工知能 (AI) 技術を開発しました。

動画は画像と比べてはるかに複雑な情報を含むことから、AI による動画の理解・生成は画像以上に難しい問題として、数多くの研究者によって取り組まれてきました。本研究では、雲や水面などを含む景観においては、雲のような細かい動きは時々刻々と変化するのに対し、夕焼けや日没などによる色の変化は全体的かつゆっくりと変化する、ということに着目しました。これらの違いを扱うため、細かい動きと全体的な色の変化を扱うニューラルネットワークを別々に学習させます。

今回開発した技術により、インターネット上の景観画像から手軽に、従来技術よりも高品質な時間経過の動画を生成できるようになります。本技術は、エンターテイメント用途に加え、景観予測シミュレーションなどへの応用も期待されます。

図 本技術により静止画像から予測した動きと色の変化

PDF資料

このページのトップへ