印刷

キャンパスライフ

学生生活の支援
障害学生支援の特色

すべての学生の成長を期待する,学生中心の支援活動

写真

障害学生支援活動の中心は,障害学生のニーズに応じた支援をすることです。しかし,その支援の恩恵を受けるのは,障害学生だけではありません。
一般学生にとっても,障害学生と共に大学生活を送り,障害を克服して学ぶ姿を目の当たりにし,支援の心と技術を身につけていくことは,かけがえのない体験です。また,そのような体験を通して,障害も個性の一部であること,障害学生にとって学びやすいキャンパスは一般学生にとっても学びやすいキャンパスであることも学ぶことでしょう。このような発想は,身近に障害のある人が存在することなしには,なかなか育たないものです。 しかし,大学の授業は,大多数を占める一般学生を想定して進められており,障害学生にはそのニーズに応じて特別な支援が必要です。
筑波大学では,聴覚障害学生のための手話通訳やノートテイク,視覚障害学生のための点訳や文書校正など,学習支援活動を実際に担っているのは一般学生です。試験や論文審査など,学生が関わることのできない場面では大学が支援を行いますが,それ以外の学習支援は学生によって行われています。一般学生は,友人として,ボランティアとして,学習補助者として,障害学生を支援しています。両者は,一般学生が障害学生を支援し,また,障害学生から一般学生が支援のスキルを学び,支援活動を通して人間的に成長しあう双方向の関係にあります。

自立した障害者を育てることも支援の大切な目標です

障害学生も,自立した障害者としての成長を求められます。本人が黙っていても,いつのまにか自動的に支援体制が整っている環境を用意するのではなく,障害学生自身が自分のニーズを自覚し,周りに発信し,支援の輪の中心にいることができるように,入学時から丁寧に指導しながら,障害学生の自立の心と能力を育てることは,大学の役割です。
大学院に在籍する障害学生の多くは,障害のある立場での合理的な学習の方法を体得するとともに,学習に必要な支援を理解し,支援の質的向上に自らが中心となって貢献しています。また,学群(他大学の学部に相当)の新入生も,先輩の障害学生に学びながら,自立した障害者をめざしています。

授業の開設と,学習補助者養成講座

障害学生の支援にあたっては,特別な技術が必要な場合もありますし,多くの時間も必要です。その支援は質・量ともに多大なエネルギーを必要とすることであり,学生のボランティア活動だけに頼ると,熱心な支援学生が燃え尽きてしまうようなことがおこります。少数の学生に負担が集中するのでなく,多くの学生が支援に関わり,支援活動が持続されるように,学生を支援者として育てることは,大学の役割です。
一般学生の障害理解を育てるために,総合科目(一般教養科目)「共生キャンパスとボランティア」を開設しています。 また,学習補助者として活躍する学生を養成するための,養成講座も開講しています。

各学群・学類,各研究科を基軸にした,専攻の専門性に基づく支援

教育組織,すなわち,障害学生の所属する学群・学類や研究科は,支援活動で主体的な役割を担っています。筑波大学の学群・学類にはクラス担任制があり,担任が障害学生受け入れやクラスの受け入れ体制作りを進めることになります。また,障害学生が専門科目を履修する際には,そのカリキュラムに責任を持つ各専攻の教員の,柔軟な対応と支援が最も大切になります。

 

このページのトップへ