Print

Information

大学中排名靠前的足球运动员情况判断更快的原因~通过传球选择场景中的信息处理过程来验证~

2018/02/01

筑波大学大学院 松竹貴大(人間総合科学研究科3年制博士課程)、体育系 中山雅雄准教授,浅井武教授らの研究グループは、全日本大学サッカー選手権で優勝経験のあるサッカー選手は、一般の大学生サッカー選手と比較して、初期視覚情報処理、刺激評価、最終的な運動反応出力いずれも短時間で実行できることを、事象関連電位と筋電図反応時間を指標に用いて明らかにしました。


 该图显示了本实验的设置。 在1680×1060像素(474毫米×296毫米)的屏幕上显示固定点500毫秒后,呈现了1秒的3名进攻球员(蓝色制服)和2名防守球员(白色制服)的图像。 通过一系列呈现和选择反应作为一项试验,在本实验中进行了120次这种试验。

刊载论文

【题 目】具有高竞争力的足球运动员在情况判断时的脑部信息处理过程-使用事件相关电位和机电图反应时间作为指标- (Brain information processing of high performance football players during decision Making -a study of event-related potentials and electromyography reaction time-)
【作者名】 松竹 贵大、夏原 隆之、小井土 正亮、铃木 健介、田部井 佑介、中山 雅雄、浅井 武
【刊载杂志】 日本体力医学会 「体力科学」第 67 巻 第 1 号
doi.org/10.7600/jspfsm.67.107

Page Top