印刷

社会連携

社会貢献と地域連携

学問本オーサービジット★参加グループ募集!


これは出前授業ではありません。身近にある本と出会い、受験などでは出会えない学問のワクワク感を知ってもらうための「みらいぶプラス」と大学の先生が協力して行う企画。著者と語らいながら、自由に意見を交換する場です。

応募団体は、図書部でも、部活・クラス・塾の仲間同士でも何でも構いません。

書籍の購入代金も含めて、著者派遣に関わる費用は筑波大学が負担します。皆さんは、図書館の会議室、学校の教室や部室、公民館など、著者が訪問できる場所だけご用意ください。筑波大学内での開催も可能です。

さあ皆さんも、この機会に、本の著者とじかに語りあってみませんか。


申し込みは11月初日から受け付けますが,訪問するグループの決定は11月下旬から行う予定です。その際,著者の意向や予定だけでなく,実施後の活用方法(図書だよりの発行や独自企画の実施など),その本を選んだ理由なども考慮して判断します。12月以降も申し込みは随時受け付けますが,事業費がなくなった時点で終了となります。今年の派遣数は8グループ程度の予定です。

2015年度実施の学問本オーサービジットの様子
2015年度実施の学問本オーサービジットの様子


実施について

  • 今年度は2017年11月下旬から2018年2月の間に実施します。
  • 書籍の購入代金も含めて、著者派遣に関わる費用負担はありません。
  • 書籍は、事前にお送りします。
    みなさんは、著者の訪問日までに、ご提供した書籍を読了しておいてください。
  • 開催時間はトータルで約90分を予定しています。
    会の進行は著者が行ないます。

このページのトップへ