印刷

教育

大学院共通科目

生命・環境・研究倫理 科目群 -国際ルールに基づく倫理観の向上-

環境倫理学概論

科目番号 01ZZ104
授業科目名(和文) 環境倫理学概論
授業科目名(英文) Introduction to Environmental Ethics
授業形態
標準履修年次 1-5
開設学期 Fall B
曜時限 December 24th & 25th (9:00 - 17:00)
教室 Natural Science (理科系棟)B107
単位数 1
担当教員
教員名 WATANABE Kazuo, MATSUI Kenichi(coordinator)
所属 Life & Environmental Sciences
学務担当
主実施組織
TF・TA
オフィスアワー等
オフィスアワー Mon. - Fri. 15:00~16:00
研究室 Master's Programs in Natural Sciences理科系修士棟B305
電話番号 029-853-6701/[E-mail:kenichim@envr.tsukuba.ac.jp]
E-mail
教育目標との関連 自然環境と実際に接することで導き出された環境倫理思想に焦点を置き、実践可能な倫理の構築探求に関連する。
授業の到達目標 受講生それぞれが自らを特定の社会の中だけでとらえず、地球市民として環境における自らの役割を考えることのできる洞察力と人間力を涵養する。この目標を達成するため、レポート提出やそれへの担当教員からのフィードバック、クラスでのディスカッションを行い、各受講生が独自の意見を形成する助けとする。この学習過程を通して実践的かつ独創的な問題解決能力を養成する。
授業概要 Environmental ethics helps us not only think about interpersonal relations in society but also the ones between people and the natural environment. This expansive scope helps us see our daily activities, ethical or not, within ecosystems or biotic communities. This course invites students to think about a need to establish a universally applicable ethical principle/ law for global citizens to tacke with environmental problems. To answer this question, it introduces many environmental ethical ideas related to biodiversity, bioethics, animal rights/ welfare, and household activities.
キーワード 環境倫理(environmental ethics)、環境国際法(International Environmental Law)、知的所有権(Intellectual Property Rights)、動物の権利と福祉(Animal Rights and Welfare)、先住民族の伝統知(indigenous peoples and Traditional Knowledge/ Wisdom)他。
授業計画
履修条件 特になし
成績評価方法 ① 評価方法: レポート提出、ディスカッション、出席
② 割合: 授業貢献度30%; 出席30%; レポート40%
③ 評価基準: 独創性・問題解決能力の顕在度、表現能力の成熟度、授業への貢献度など
教材・参考文献・配布資料 詳しい参考文献リストや資料は当日配布しますが、以下の文献を参考にしてください。
<概説>Donald VanDeVeer and Christine Pierce, eds., The Environmental Ethics and Policy Book, 3rd ed. (Thomson Wadsworth, 2003).
-J. Baird Callicott and Rober Frodeman, eds., Encyclopedia of Environmental Ethics and Philosophy (2009)
尚、当日配布する資料はOCWでも公開します。
授業外における学習方法 環境倫理学概論BBSサイト(http://6524.teacup.com/matsuiethics/bbs)
「応用環境倫理学研究会」活動への参加
その他 やむを得ない理由でレポートの提出が期日までに間に合わない場合や欠席する場合、できるだけ早く世話人に相談してください。
開講情報 Posterpdf
Important Noticepdf
開講日 2015年 12月 24日   9時00分 ~ 17時00分
2015年 12月 25日   9時00分 ~ 17時00分
備考 The course will be taught in English.
Currently TWINS registration is not available. Please contact GGEC office (ggec@un.tsukuba.ac.jp) for registering the course.
シラバス(英語) 1446706140888116.pdfpdf

アイコン表示について

  • NEW 情報が新規登録されてから14日以内の項目に表示します
  • 更新 情報が更新されてから14日以内の項目に表示します

このページのトップへ