印刷

教育

大学院共通科目

知的基盤形成 科目群 (01ZZ6**)

UT-Top Academist’s Lecture

科目番号 01ZZ615
授業科目名(和文) UT-Top Academist’s Lecture
授業科目名(英文) UT Top Academists Lecture
授業形態 講義
標準履修年次 1-5
開設学期 春AB
曜時限 水曜日6時限
教室 筑波大学会館講堂
単位数
担当教員
教員名 永田 恭介(学長)、吉田 武男(人間系)
所属
学務担当
主実施組織
TF・TA
オフィスアワー等
教育目標との関連 「深い専門性に裏付けられた独創性と柔軟性を兼ね備えた研究者及びグローバルな視野と専門的実務能力を併せ持つ高度専門職業人の養成」(大学院教育目標)の「独創性、柔軟性及びグローバルな視野」を養う点に関連しています。
授業の到達目標 経験豊富な講師陣による講義内容をふまえ、①筑波大学で研究する意義を各自の研究テーマに照らして自分なりに深めるとともに、②社会における大学院、社会における大学院生の役割を理解することを到達目標とします。
授業概要 本講義では、本学学長をはじめとする経験豊かな講師陣が、大学と学問、あるいは学問と人生について広いテ一マで講義を行う。本講義は、大学で学ぶべきことや自分の今後の人生について熟考する機会を受講生に提供するとともに、明確な目的意識をもって自律的に研究していくことができるように、学問への道案内をすることを目的とする。また、学長をはじめ本学に関係する優れた研究者が、自らの学問と人生体験を語ることにより、日本および世界において次世代の指導者となりうる有能な研究者や高度専門職業人を育成する機会とする。
キーワード 学問、社会、研究、大学院教育、人生経験、
授業計画
履修条件 特にはありません。
成績評価方法 (1)毎回の講義について作成する合計10編の小レポートと,7月4日(月)までにメール添付で  提出する1回のレポートとを総合的に評価にします.
(2)60点以上を合格とします.
教材・参考文献・配布資料 講義に先立って資料が配布されたり、講義内で参考文献が紹介されたりすることがあります。
授業外における学習方法 各自の専門以外の分野に関する講義内容が多いと思われますので、興味を幅広くもって関連書籍を読むなど、積極的に学習してください。
その他
開講情報
開講日
備考 ※「筑波大学特別講義-大学と学問-」と共通
http://www.tsukuba.ac.jp/education/pdf/h26splec1.pdf
シラバス(英語)

アイコン表示について

  • NEW 情報が新規登録されてから14日以内の項目に表示します
  • 更新 情報が更新されてから14日以内の項目に表示します

このページのトップへ