印刷

教育

大学院共通科目

身心基盤形成 科目群 (01ZZ7**)

大学院体育2:水泳

科目番号 01ZZ703
授業科目名(和文) 大学院体育2:水泳
授業科目名(英文) Swimming
授業形態 実習
標準履修年次 1~5
開設学期 春AB・秋AB
曜時限 火曜5
教室 屋内プール
単位数
担当教員
教員名 高木 英樹、武政 徹
所属 体育系
学務担当 人間総合科学研究科
主実施組織
TF・TA
オフィスアワー等
オフィスアワー 月10:00~12:00
研究室 体育科学系B410
電話番号 029-853-6330/[E-mail:takagi@taiiku.tsukuba.ac.jp]
E-mail
教育目標との関連 水泳・水中運動を通して身心基盤の形成を目指す
授業の到達目標 誰もが水中という環境において、自己の生命を保全できる能力を獲得し、かつ水中での様々な活動を通して、水中運動の楽しさを享受できる能力を獲得する
授業概要 屋内50mプールを利用し、初心者から上級スイマーまでを対象に、能力別にグループを編成して、競泳、スキンダイビング、水球など、様々な水中運動の基礎及び応用技術を実習する。
キーワード だれでも泳げるようになる、きれいなフォームで楽に泳ぐ、イルカのように自由に泳ぐ
授業計画 第1回 水慣れ 10分間泳 班分け
第2回 初心者:浮身、バタ足、面かぶりクロール
  |  中級者:ストリームライン姿勢、息継ぎ、クロール50m泳
第9回 上級者:フォームの矯正、時間泳
第10回 泳力チェック、上達度チェック
第11回 初心者:25mクロール泳、平泳ぎ基礎
|   中級者:背泳ぎ、平泳ぎ、バタフライ挑戦
第19回 上級者:スキンダイビング、水球、シンクロナイズドスイミング挑戦
大20回 泳力チェック、上達度チェック
履修条件 春の健康診断において異常が認められなかった者
成績評価方法 ①評価方法 最後に各グループ毎に泳力チェックを実施する
②割合 出席40%、態度30%、技能向上30%
③評価基準 出席や授業態度を重視し、技能の相対的な向上割合によって判定する
教材・参考文献・配布資料 高木英樹「人はどこまで速く泳げるのか」、岩波書店
授業外における学習方法
その他 履修の際は、大学院体育ガイダンス(オリエンテーション)に参加すること。
開講情報 オリエンテーションpdf
開講日
備考 留学生に対しては英語による指導も可能。
シラバス(英語)

アイコン表示について

  • NEW 情報が新規登録されてから14日以内の項目に表示します
  • 更新 情報が更新されてから14日以内の項目に表示します

このページのトップへ