Print

Education

Graduate General Education

Retaining Internationalized Characters - Developing proficiency towards becoming internationalized individuals -

Special Lecture on Environmental Diplomatic Leader II

Course Number 01ZZ407
Course Name(Japanese) 環境ディプロマティックリーダー特講II
Course Name(English) Special Lecture on Environmental Diplomatic Leader II
Course Structure 講義(英語) Lecture(English)
Standard Registration Year 大学院博士前期・後期課程
Term
Day and Time Intensive(Jan. 11&12)
Location 広報する。
Credit 1
Instructor
教員名 若杉 なおみ、辻村 真貴、孫 暁剛、村上 理映、大迫 正弘(Naomi Wakasugi, Maki Tsujimura, Xiaogang Sun, Rie Murakami, Masahiro Ohsako)
所属
学務担当 生命環境科学研究科
主実施組織 環境ディプロマティックリーダープログラム
TF/TA
Office Information
オフィスアワー
研究室 EDL特任教員室A306-1
電話番号 8857/[E-mail:nwakasu@envr.tsukuba.ac.jp]
E-mail
Link between Academic Goal and Coursework 本講義は国際的に活躍できる人材育成を目的とする。
Course Objective 地球規模で人類が抱えている生命と環境に関連する諸課題の解明と解決のために活躍する将来の「環境リーダー」が備えることが期待される知識や総合的能力の獲得を目的とする。
The objective of EDLspecial lecture is to train and develop Environmental Leaders who will play an active role in clarifying and resolving various global issues related to life and environment.
Course Overview 本授業では、現在の世界がかかえているさまざまな環境問題から具体的な問題をひとつ取り上げ、その問題を解決するためのプロジェクトを計画する。授業はグループ演習を中心に進める。具体的には、政府開発援助などの国際協力プロジェクトで広く用いられているPCM(プロジェクト・サイクル・マネジメント)手法を用いて、テーマとして取り上げた環境問題に関して現状を分析し、問題の解決手段を考え、それをひとつのプロジェクトとして構成し、スケジュールや予算を見積もる。さらには、プロジェクト実施中の進捗モニタリングやプロジェクト評価についても演習を行なう。本授業の目的は、環境分野でリーダーシップを発揮することが期待されている学生諸君の問題発見能力、プロジェクト形成能力、プロジェクト実施能力を向上させることにある。
The participants of this course design a project for addressing one specific environmental issue which affects human health. The issue is selected by the participants from their interests. The project design method applied is PCM (Project Cycle Management) which is widely used in the international cooperation projects particularly in the ODA (Official Development Assistance) sector. The design process starts from the situation analysis and proceeds to finding the means of solutions for the problem. The participants structure their specific solutions in the form of a project including scheduling, cost estimation, monitoring and evaluation covering the PDCA (plan, do, check, action) cycle of a project. All works are carried out by group work. The objective of this course is to improve the participants’ capacity for problem finding, project formulation and project implementation.
Course Key Words 環境リーダー、PCMワークショップ 
Environmental Leader、PCMworkshop
Course Schedule 第1セッション テーマ設定
第2セッション 関係者分析
第3セッション 問題分析
第4セッション 目的分析
第5セッション プロジェクトの選択
第6セッション プロジェクト・デザイン・マトリックス
第7セッション 活動計画表
第8セッション プロジェクト・モニタリング
第9セッション プロジェクト評価
第10セッション 総括
1st session Issue Selection
2nd session Stakeholders Analysis
3rd session Problem Analysis
4th session Objectives Analysis
5th session Project Selection
6th session Project Design Matrix
7th session Plan of Operation
8th session Project Monitoring
9th session Project Evaluation
10th session Summary
Course Prerequisites and Advisories
Grading Philosophy 演習およびデイスカッションへの参加度で評価する。
Discussion and participation in the group work (100%)
Textbooks, References, and Supplementary Materials 「PCM:開発援助のためのプロジェクト・サイクル・マネジメント 計画立案編」(財)国際開発高等教育機構
「PCM:開発援助のためのプロジェクト・サイクル・マネジメント モニタリング・評価編」(財)国際開発高等教育機構
その他、適宜指示
PCM: Management Tool for Development Assistance, Participatory Planning (FASID: Foundation for Advanced Studies on International Development)
PCM: Management Tool for Development Assistance, Monitoring and Evaluation (FASID: Foundation for Advanced Studies on International
Self-directed Learning Other Than Coursework
Other
Posters, Leaflets ポスターpdf
Lecture Day 2013年 01月 11日 2013年 01月 12日
Additional Information The lecture will be given in English.
Syllabus(English)

About icon

  • NEW Newly arrived within 14 days
  • update Updated within 14 days

Top of Page