印刷

お知らせ・情報

TARA若手シンポジウム「新しいイメージングに挑戦する異分野若手連携」

2009/07/06

 筑波大学先端学際領域研究センター(TARA)の若手挑戦型プロジェクトでは,分野融合的な研究を指向したシンポジウム「新しいイメージングに挑戦する異分野若手連携」を開催します。
 このプロジェクトは,生命,化学,光学,物理工学などの接点に「新しいサイエンスを開く」ことに挑戦する若手を中心として結成されましたが,若手が率いるという「新しいタイプ」のTARAプロジェクトです。
 学内のメンバーに加えて,学外からもガン細胞だけを光らせるプローブ開発で注目される東京大学大学院薬学系研究科の浦野泰照博士,光を使って分子を制御する東邦大学理学部の古田寿昭博士をお招きし,また,民間企業の方々から,顕微鏡やタンパク質の最新の動向についても解説していただきます。
 学内はもちろんのこと,学外からも分野を問わず,多くの皆様の参加をお待ちしています。

日時:7月6日(月) 13:00~
場所:筑波大学先端学際領域研究センターA棟2Fセミナー室
アクセス:関東鉄道バス:筑波大学中央行き又は筑波大学循環バス「TARAセンター前」又は「第二エリア前」下車
プログラム:
 13:00-13:10 開会の挨拶:深水昭吉先端学際領域研究センター長
 13:10-13:35 プロジェクト概要と in vivo イメージング
         発表者:三輪佳宏講師(人間総合科学研究科)
 13:35-14:00 腫瘍細胞増殖阻害活性マクロライドハテルマライド類の全合成と構造活性相関
         発表者:早川一郎助教(数理物質科学研究科)
 14:00-14:25 7-ヒドロキシキノリン類縁体の細胞イメージングへの応用
         発表者:百武篤也講師(同)
 14:25-14:50 ゼブラフィッシュで可視化
         発表者:小林麻己人講師(人間総合科学研究科)
 15:10-15:35 蛍光プローブの精密開発による in vivo がん蛍光イメージングの実現
         発表者:浦野泰照准教授(東京大学大学院薬学系研究科)
 15:35-16:00 顕微鏡観察の現状と将来
         発表者:小島清嗣氏(オリンパス株式会社バイオ市場担当部長)
 16:00-16:25 蛍光タンパク質の現状と応用
         発表者:唐澤智司氏(Amalgamm 有限会社技術開発部長)
 16:25-16:50 生理活性を光で制御して光で解析する
         発表者:古田寿昭教授(東邦大学理学部)
 16:50-17:00 閉会の挨拶:三輪佳宏講師(人間総合科学研究科)
 17:00~ 懇親会(予定)
問合せ:先端学際領域研究センター 黄田
     TEL.029-853-6156
     E-mail:tkida#@#tara.tsukuba.ac.jp(※「#@#」を「@」に置き換えてください。)

関連リンク

このページのトップへ