印刷

お知らせ・情報

BAMIS国際シンポジウム「Body Workと身心統合」

2012/05/13

日時:5月13日(日) 14:00-17: 00
場所:筑波大学大学会館特別会議室"GoogleMap版へ"
アクセス:
 筑波大学筑波キャンパスへは「筑波キャンパスへの交通アクセス」をご覧ください。
 利用停留所(関東鉄道バス):筑波大学中央行き又は筑波大学循環バス「大学会館前
世話人:清水諭,遠藤卓郎(筑波大学体育系教授)  
参加費:無料,参加申込不要

内容:
 1970年代以降,欧米において,東洋的身心観との交流を背景に発展したソマティクス (Somatics:身心を内側から捉える理論と実践)は,臨床的身体技法であるBody Workに注目してきました。今回は,フェルデンクライスメソッドやアレクサンダー・テクニークに並ぶBody Workであるボディマインドセンタリング(Body-Mind Centering®:BMC®)の創始者Bonnie Bainbridge Cohen氏,および上級ソマティック教育者であるMark Taylor氏を招き,シンポジウムを通して,身心統合の捉え方について議論します。

・Bonnie Bainbridge COHEN:Body-Mind Centering®開発者
 「身心統合とBMC®:embodimentとは何か?」
 visualization→somatization→embodimentの流れを感覚と身体的理解から語ります。
・Mark TAYLOR:The Center for BodyMindMovement代表
 「Body Workの方法と実践」
 ソマティック教育実践による身心の変容について,事例を挙げながら語ります。
・村川治彦:関西大学人間健康学部准教授
 「ソマティクスの理論と実践:一人称科学の可能性」
 Body Work実践の理論的意義について,「一人称の科学」を追求する立場から語ります。
・原田奈名子:京都女子大学発達教育学部教授
 「身体技法と身心統合」
 Body Workの実践による身心変容の動態とその諸相について語ります。
問合せ&学外からの参加申し込み:
 筑波大学「たくましい心育むスポーツ科学イノベーション」BAMISプロジェクト推進室
 TEL.029-853-6325
 E-mail:promotion office#@#bamis.taiiku.tsukuba.ac.jp(※「#@#」を「@」に置き換えてください。)

拡大版は,PDF資料をご覧ください。
拡大版は,PDF資料をご覧ください。

PDF資料

このページのトップへ