印刷

お知らせ・情報

Errki Hutamo教授(UCLA)講演会

2012/12/18

メディアアートやメディオテクノロジの歴史的な背景に関する世界トップレベルの研究者である,UCLA (University of California‚ Los Angeles)のErrki Hutamo先生にご講演頂きます。多数のご来聴をお待ちしています。

日時:12月18日(火)16:00~17:00

場所:筑波大学第3エリア 3A306教室GooglrMap版へ
アクセス:
 筑波大学筑波キャンパスへは「筑波キャンパスへの交通アクセス」をご覧ください。
 利用停留所(関東鉄道バス):筑波大学循環バス「第三エリア前

講師:Errki Hutamo 教授
    Art|Sci School
    University of California Los Angeles (UCLA)
       
講演題目:From Trottoir roulant to Robot Tile:
      an Archaeology of the Mechanical Moving Walkway

講演概要:
Errki Hutamo教授は,メディアアートやメディオテクノロジの歴史的な背景に関する世界トップレベルの研究者であり,バーチャルリアリティに関する技術思想についての有益な知見を豊富に持っていらっしゃいます。
今回は,歩行感覚提示技術の開発に大いに刺激を与える,歩行移動に関する可動床の歴史的展開についての講演を予定しています。

世話人(問い合わせ先): 
  システム情報系 岩田洋夫
  E-mail:iwata#@#kz.tsukuba.ac.jp(※「#@#」を「@」に置き換えてください。)

このページのトップへ