印刷

お知らせ・情報

「つくば連携研究」合同研究会

2013/12/24

ナノテクノロジー,ナノサイエンス分野におけるイノベーションにとって基礎的・基本的な 課題から実用化に至るまでの諸課題について,つくば地区の4研究機関(KEK(高エネルギー加速器研究機構),筑波大学,NIMS(物質・材料研究機構),AIST(産業技術総合研究所))が揃って検討する初めての合同研究会です。

主催:筑波大学つくばナノテク拠点産学独連携人材育成プログラム(通称:オナーズプログラム)

日時:2013 年 12 月 24 日(火)10:00~19:15

場所:筑波大学計算科学研究センター 国際ワークショップ室(1階)

 

プログラム

 

10:00~10:10 オープニング挨拶  山部紀久夫  “オナーズプログラム”運営委員長

(司会  村上浩一)

 

セッション I-1:  NIMS―筑波大連係ペア研究(発表 15 分,質問 5 分)

(司会  浅川  潔)

10:10~10:30「(仮)次世代有機 PV・FET 用単結晶・薄膜の作製とナノスケール評価」

NIMS  三成剛生  MANA 独立研究者  /  筑波大  武内  修  准教授

10:30~10:50「(仮)Si 系次世代 PV 新構造の開発」

NIMS  深田直樹  連係大学院准教授  /  筑波大  都甲  薫  助教

10:50~11:10「(仮)機能性ポリマーフォトニック結晶」

NIMS  古海誓一  主幹研究員  /  筑波大  山本洋平  准教授

 

Coffee break(15 分)

 

(司会  北島正弘)

11:25~11:45「(仮)立体反応ダイナミクス解析に基づくグラファイト系触媒表面の探索」

NIMS  倉橋光紀  主幹研究員  /  筑波大  近藤剛弘  講師

11:45~12:05「洗浄した砂の水素ラジカルによる還元」

NIMS  角谷正友 主幹研究員  /  筑波大  鈴木義和  准教授

 

Lunch(60 分)

 

セッション I-2:  NIMS―筑波大連係ペア研究(発表 15 分,質問 5 分)

13:05~13:25「(仮)次世代有機 PV・FET 用単結晶・薄膜の作製とナノスケール評価」

NIMS  安田  剛  主任研究員  /  筑波大  丸本一弘  准教授

 

セッション II-1:  KEK―筑波大研究(発表 25 分,質問 5 分)

(司会  村上浩一)

13:25~13:55「KEK における放射光・中性子・ミュオン・陽電子を利用した研究・装置の紹介」

KEK 物質構造科学研究所副所長村上洋一  構造物性研究センター長  教授  /瀬戸秀紀  J-PARC センター物質生命科学副ディビジョン長  教授

13:55~14:25「(仮)通称白川センターの研究紹介と数理ナノ専攻の研究紹介」

筑波大  中村潤児  TIMS センター長  教授  /  筑波大  都倉康弘  教授

 

Coffee break(15 分)

 

セッション II-2:  KEK―筑波大連携研究(発表 15 分,質問 5 分)

(司会  太田憲雄)

14:40~15:00 「ナトリウムイオン電池正極材料のその場計測」

KEK  仁谷浩明  助教  /  筑波大  小林航 助教

15:00~15:20 「鉄-コバルト環状四核錯体における光・X 線誘起スピン転移」

KEK  熊井玲児  教授  /  筑波大  二瓶雅之     准教授

セッション III:  AIST-筑波大連携ペア研究(発表 25 分,質問 5分)

(司会  荒井和雄)

15:20~15:50「(仮)低消費電力用新機能デバイスの開発と極微領域測定評価」

AIST  宮田典幸  ナノエレ研究部門グループ長/  筑波大  梅田享英  准教授

15:50~16:20「(仮)有機薄膜太陽電池材料の開発と放射光解析」

AIST  宮寺哲彦  研究員  /  筑波大  櫻井岳暁  講師

16:20~16:50「 SiC-MOS 界面における軽元素分布の精密測定 」

AIST  吉岡裕典  研究員  /  筑波大  関場大一郎  講師

 

17:15~19:15  懇親会(場所:第一エリア1A 棟2F「スープファクトリー」)

 

※詳細については,添付のPDF資料をご覧ください。

PDF資料

このページのトップへ