印刷

お知らせ・情報

第25回WPI-IIISセミナー “Temporal Coordination of Neuronal Activity in the Entorhinal-hippocampal Circuit”

2013/12/25

国際統合睡眠医科学研究機構長

 柳沢 正史

セミナー開催についてのお知らせ

平来る12月25日(水)、Allen Institute for Brain Science水関健司先生をお迎え
し、第25回WPI-IIISセミナーを行いますので、皆様お誘いあわせの上、是非ご参加ください。

日時:平成25年12月25日(水) 12:00-13:00

場所:筑波大学 医学系エリア

健康医科学イノベーション棟4階 402室GooglrMap版へ
アクセス:
筑波大学筑波キャンパスへは「筑波キャンパスへの交通アクセス」をご覧ください。
利用停留所(関東鉄道バス):筑波大学中央行き又は筑波大学循環バス「追越学生宿舎前

演者:水関健司先生(Allen Institute for Brain Science, Seattle, WA, USA/New York University, New York, NY, USA)

演題:“Temporal coordination of neuronal activity in the entorhinal-hippocampal circuit”

内容: Information processing in the brain is the result of coordinated patterns of neural activity across large networks

spanning a vast range of spatial and temporal scales. We simultaneously recorded the activity of many (~100) neurons and

local field potentials (LFP) from multiple layers of the hippocampus and entorhinal cortex of rats during spatial memory tasks

and sleep,and found that spiking activity was organized in brain-region, cell-type, and brain-state specific manners.

The coordinated neural activity in the entorhinal-hippocampal circuit may underlie the formation and retrieval of episodic memories.

※ 軽食を用意いたしますので、ランチを召し上がりながらセミナーをお聞きくだ さい。

問い合わせ:国際統合睡眠医科学研究機構 (内線5857)

PDF資料

このページのトップへ